ちょっと台湾で暮らしてみる

主にB級グルメ&朝食 中国語と観光

三國爺爺の台湾留学記(№21)

台北の本屋さんと言えば、みんなが思い浮かべるのが誠品書店。信義店は「統一時代百貨店」の地下街を通じてMRT市政府駅とつながっている。中国語の本は私にとっては難しいので、よく買ったのは東野圭吾らの日本人が書いたミステリー小説や漫画の中国語版、そ…

三國爺爺の台湾留学記(№20)

せっかく中国語を勉強するために台湾に来たのに、なかなか台湾人の友達が出来ない。考えてみれば、学校でも宿舎でも、周りは外国人ばかりだ。中国語が共通語だけど、みんな間違いだらけの中国語を話している。ところが、お互いのレベルは低いのに、使う単語…

三國爺爺の台湾留学記(№19)

国際学舎には100人以上が住んでおり、そのうち60人が中国人で、残りの半分くらいが日本人。共同キッチンや談話室、自習室のほか運動設備も充実している。台所ではいつも中国人やベトナム人、ペルー人が料理をしていたが、日本人はあまり見かけなかった。部屋…

三國爺爺の台湾留学記(№18)

私が台北留学時代に住んでいた「国際学舎」は新北市新店区にある。新北市は昔の台北県で、多くの行政区が統合され、一つの市になった。人口も台北市の1.5倍に達し、400万人を超えている。ちょうどドーナツのように、真ん中の穴(台北市)を取り囲んでいる。 …

三國爺爺の台湾留学記(№17)

前回、中国語を学ぶため台湾師範大学に途中編入する日本人のハンディキャップを書いた。一方、日本で中国語を勉強している時には気づかなかったが、台湾に留学してから、中国語を勉強する日本人は大きなアドバンテージを持っていることに気がついた。日本人…

三國爺爺の台湾留学記(№16)

クラス変更申請期間の最終日、すでにフランス人とドイツ人はいなくなっていた。代わりにホンジュラス人とフィリピン人が加わり、最終的に以下のメンバーになった。・インドネシア(女,40歲) ・インドネシア(女,19歲) ・エクアドル(男,24歲) ・タイ(…

三國爺爺の台湾留学記(№15)

師範大学の学期クラスは毎年3、6、9、12月に授業が始まり、学習期間は3ヶ月。一日2時間の授業と、月に20時間くらいの自主的な補充授業を受ける必要がある。クラスの定員は6人〜10人で、授業料は26400元。師範大学は日本人比率が高いと聞いていたが、私…